日産伝統のクルマがSUV化!!!

JUGEMテーマ:NISSAN



こんばんわ♪
やっぱ今年の冬は寒いもんですね。
雪・雨ラッシュでアイスバーン!
私も年始早々セダン車からSUVに乗り換えました。
雪道などはやはりSUVのブロックタイヤが向いています。
特に我が家の前の坂は凍りやすいんでこの時期ほんと大変なんです。
2月は例年通り行くと1月より寒いでしょうから気を引き締めていかんと。
皆さんもスタットレスに替えるなりチェーンをはめるなりして事故防止して下さいね。
絶対やぞ!



さて、日産の伝統車であるスカイライン。
この伝統車がクロスオーバーとなって登場しました。
クロスオーバーではありますがステーションワゴンの形状に類似しているのも特徴です。
少し前にステージアが生産終了しましたがその後釜のポジションでもあるのではないでしょうか??







エンジンは欧州仕様のEX37や他のスカイラインシリーズと同じくV型6気筒エンジンを採用。
プラットフォームは他のスカイラインシリーズと共通のEプラットフォームが採用されました。
しかーしホイールベースだけは伸縮されました。
まぁ、デザインを優先したんでしょう。
その代わり生産コストが大幅にアップしちゃいました・・・。
アハハハ・・・。







グレードとしては「370GT」「370GT TYPE P」。
そして四輪駆動の「370GT」「FOUR」「370GT FOUR TYPE P」の四種類。
ちなみに「TYPE P」に関しては上級車グレードでアラウンドビューモニターを搭載しています。
アラウンドビューモニターはエルグランドとセレナに次いで3代目の搭載。
スカイラインの高年齢層ウケするネームバリューをクロスオーバー化することで若年齢層に定着させるのが目的の今回の戦略。
吉と出るのでしょうか??
暖かく見守りましょう(*´▽`*)



HIKARI 古川


 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL