フォルクスワーゲンのドル箱です♪

JUGEMテーマ:Volkswagen



こんばんわ♪
天神や博多にイルミネーションが飾られる時期が訪れました。
ほんと一年間ってアッと言う間(*´з`)
クリスマスや忘年会、年越しなど何かと騒ぎ事の多い時期でもあります。
そんなハメの外しやすい時期ですが、クルマ屋として言わせていただく。
飲酒運転は絶対やめてくださいね!!!
特に福岡は多いんですから。
冒頭から説教ですが大事なこと。
最近、事故してる人も多いですしホント気をつけて下さい。
ですが年末しっかり楽しみましょう♪



老若男女に人気であるフォルクスワーゲンゴルフ
ハイオク車ではありますが、手頃で乗りやすくデザインもオシャレ(*´ω`*)
ステータスとしても効果のあるクルマですから何かとバランスが良いですよね。
そんなゴルフですが、現行モデルは実に6代目になります。







初代モデルはもちろん時代が時代ですからカクカクしたデザインでした。
まぁ、あの頃は殆どのモデルが角ばったデザイン!
今は見ての通り湾曲デザインでヘッドライトなども凝っています( *´艸`)
排気量は1200ccと1400ccの2パターン。
気になる燃費は10.15モード適用時は16.8Lとナカナカのモノ。







今年の2月には日本向けにエンジンが改良されて
「平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆×4」を取得しました。
さすがはドイツの誇るフォルクスワーゲン。
やるやん♪
フォルクスワーゲンの女の子報道官のCMもだいぶ定着してきたしトヨタの子供店長を脅かす日も近いか!
近いか!?



HIKARI 古川


 

トヨタが軽自動車業界参入!

JUGEMテーマ:TOYOTA
 


こんばんわ♪
遂に今回の記事でブログが100ページ達成致しました♪
比較的のんびり書いていたので一年間かかりました。
忙しい時はだいぶ期間を空けることもありました。
ですが継続は力なりです。
月間アクセス数も2000〜3000アクセスとナカナカ安定した閲覧者数です。
いつも見てくれている方々誠にありがとうございます(●´ω`●)
内容は大したことはありませんがこれからも暇つぶしに読んでやって下さいな。



さて今回は、このブログの記録より遥かにビックリ!
トヨタの軽自動車販売参入を今回は記事にさせていただきます。
子会社であるダイハツの軽をOEM商品として販売するトヨタ。
情報としてはムーヴコンテ・ハイゼット、そして新型のイースが候補とのこと。
メイン販売はカローラ店とネッツ店らしく何故急にトヨタは軽自動車販売に乗り出したんでしょう??







噂によると日産が軽自動車販売で業績を伸ばしていることが要因だとか(。´・ω・)?
日産の軽であるモコやオッティ、ルークス。
当初予定されてた販売予想より上回る結果に終わっているらしいです。
これから時代の変革期を迎える自動車業界は明らかに軽自動車にシフトする傾向が見受けられますよね。
まぁ、大方燃費と税金・車検と維持費がトータル的に安価に終わる点でしょう。
何か味気がないですが。







ちなみにダイハツが発売したばかりのイースをトヨタブランドでの販売候補としてあげています。
このイースは燃費が凄まじく良いクルマとして評判ですよね。
1リッター辺りの走行キロ数は30キロとナカナカハイブリットな数字をはじき出していますねぇ。
ハイブリット車ではないですが・・・。
何かと経済観念がモノを言う時代にトヨタは軽自動車を何処まで販売できるでしょうか(。-`ω-)
楽しみ♪楽しみ♪



HIKARI 古川


 

遂に出陣新型レンジローバー!

JUGEMテーマ:LAND ROVER



こんばんわ♪
また私事。
最近、ミクシーアプリの「まちつく」がリニューアルしました。
暇さかあればミクシーに入ってまちつくをやっている私。
私が作っている町は自分の住んでる町「杷木」。
杷木をもっと有名にする為にも、まちつくでせっせとPR活動しています。
良かったら皆さんもまちつくをやって私の町を支援して下さい。
ちなみにミクシーネームは「−SARU−」ですのでマイミク申請お待ちしています( *´艸`)



イギリスの名車であるレンジローバーが新型を発表しましたねぇ。
その名も「レンジローバー イヴォーク」。
デザインがかなり流線型の現代モデルにチェンジ。
角ばったデザインが好きだった私は少しショック(´゚д゚`)。







と思いましたが実際目の当たりにすると凄い異彩!
どちらかと言うとハリアーやヴァンガードのような鋭利な雰囲気。
これからのレンジローバーはこの路線をたどるんでしょうね。
レンジのイヴォークはSUVでもありクーペでもある。
カテゴライズがなんとなく難しいです(・´з`・)
でも今はこういった斬新なデザインにドンドンチャレンジしているメーカーが多い。
従来の枠組みを超えた車が溢れてくるでしょうね♪
実に面白い時代だぁ。







内装も近代的な作り。
ですがが完全なる流線型デザインではなく角ばっているところは従来のレンジ名残でしょうか??
重量は歴代モデルの中でも一番軽量で燃費効率はもちろん優れています。
やっぱレンジローバーの一番気にするところは燃費でしたからねぇ。
これで幾分かはお求めやすくなったんじゃないでしょうか(*´▽`*)



HIKARI 古川