日本のオオツノシカ(。-`ω-)

JUGEMテーマ:ISUZU



こんばんわ♪
私事で恐縮なのですがこの間車庫証明の手続きに某警察署に行っておりました。
すると、ついこの間知り合いになった写真家のお店が目の前に。
そこで写真家のRさんといろいろとお話をしていたのですが改めて人の繋がりって大事だってこと。
そして世間は狭いってことを痛感する内容で盛り上がっていました。
ざっと3時間くらい(^^;
ここ最近、様々な方とお会いする機会も多く勉強させられる日々を過ごしています。
今までナカナカ飲みに行けなかった方ともこの間ようやく飲みにも行けましたし!
それもざっと3時間くらい話してたんでしょうか??
なんか熱い仲間達が増えてる事が凄く嬉しいこの頃です。
前置きにしては長々になってすいませんが最近は刺激のある話が聞けています。
皆さんも普段話さない人とゆっくり話してみるのも良いかもしれませんよ♪



さて、例のSUV特集第二段は私が大好きな国産四駆、いすゞビックホーンです。
この力強さ、この若干先端を意識したようなフロントマスクに乗り心地。
今でこそ製造中止になってしまいましたが今でも残っていてほしい名車です。







ビックホーンはぶっちゃけレンジローバーを意識していた所があったと思います。
個人的主観からですがデザイン的なもので。笑
エンジンは同じいすゞのウィザードやビークロスなどと共有したエンジンも使用していたようでパワフルなのが特徴。
グレードは最もポピュラーなプレジール兇鬚茲見かけますがロータスSE【トップグレード】に拘りたいもんです。







じゃ、トップグレードのロータスSEとは何か(。´・ω・)?
簡単に言えば高級感を重視したラグジュアリーのグレードです。
ウッドパネルを使用したり革シート・ホイールが18インチのスタイリッシュだったりと見た目に力をいれてるんです。
前回も申しましたが、やはり夏のアウトドアにはSUVが付き物♪
手頃な価格でビックホーンもいけますよ。
山でも川でもノーリミット!
それエクストレイルだった・・・。



HIKARI 古川


 

暑さも吹き飛ぶエスカレードの迫力を見よ!

JUGEMテーマ:アメ車



こんばんわ♪
最近の蒸し暑さはナカナカ集中力を掻き乱しますな。
こんな夏は気分転換に花火やらキャンプやら行きたーい(*´▽`*)
まぁ、こんな時期なんで夏らしい遊びの誘いがチラホラ舞い込んできています。
皆さんは如何にして夏を過ごすのでしょうか??
家族や恋人達と十二分に満喫してください!



夏と言えば一般的にアウトドアが定番ですよね。
アウトドアと言えばSUV。
SUVと言えばアメ車。
そしてアメ車と言えばキャデラックのエスカレードでしょ♪
そんなこんなで連続SUV特集をしたいと思います。







写真で見ても分かるようにキャデのエスカレードはデカイ(゚Д゚;)
全長5.1m・重量は2600舛犯鷯錣紡膩燭覆里特徴。
現行のエンジンは6200ccでこの大きな体躯を支えるにはこのくらいのパワーは必須なのです。
ちなみにインテリアの時計は実はブルガリとコラボも果たしているんです♪
よっ、Mr.高級車!







タイヤのサイズは最大22インチまでOK。
潰されたら一たまりもないな・・・。
トランスミッションは2代目からクラスアップして6ATに進化。
シボレーのタホでにも搭載されていますがエスカレードにもハイブリットシステムが追加。
このデカさとエコな感じの矛盾を楽しんでください。
ちなみに個人的にはエスカレードのピックアップトラックタイプ「EXT」も大好き♪
この夏はSUVで楽しい思いで作りましょ。



HIKARI 古川


 

マツダの2代目コンパクト(*'ω'*)

JUGEMテーマ:マツダ



こんばんわ♪
昨日はワールドカップで日本がパラグアイに負けてしまった・・・。
非常に残念。
ですがみんなよく頑張ったと思います!
日本中が夢を見た瞬間でした;つД`)
今回の結果を自信に、4年後のワールドカップで是非良い結果をだしていただきたものですね。
大変お疲れさまでした。
私もこれを刺激に日々を精進していきたいです♪
関係ないが早く梅雨終わって・・・。



さて、マツダがデミオに続き新型のコンパクトカーを出しています。
その名はベリーサ
正直なところBMのMiniをかなり意識した作りになっていると思いました。
デザインなんかは個人的に凄く好きですけど(●^o^●)







2004年に誕生したベリーサですが、その誕生年に早くもベストバリュー賞を受賞しています。
価格自体も安く、新車の最上級グレードCドレスアップパッケージは約124万円。
下場は1.5Cの同グレードで約100万円です。
小回りが利く上に、車体の重さと馬力のバランスが良い為パワー不足を感じにくいのも事実。






ベリーサのライバル車両と言えばホンダフィットや日産ノート辺りでしょう。
平均燃費はリッター辺りが約12舛箸気譴討い泙后
近代のコンパクトカーにしてはやや燃費の伸びが悪い印象。
しかし重さが重さですから平坦な道路での燃費はどのコンパクトカーもドングリの背比べが実情でしょう。
女の子でも男の子でも乗り回せる万能コンパクト(*´Д`)
BMのMiniを買おうと悩んでいる方、ベリーサも試乗してみてください。
気が変わりますよ♪



HIKARI 古川